昔の人はとにかく結婚しなければならなかった。どんなに結婚に向いていなくてもどんなに子育てに向いていなくても、それでも結婚しなければならなかった。それが昔の人の特に田舎の人の価値観だったと思います。
それで結婚嫌カッテージに向いて全く向いていない私の父と母は結婚したとしか言いようがありません。<br> 父はどうしても忙しくて家庭のことを顧みず、母はそんな父に本当に絶望しながらに2人の子供を育てました 。
私は長女として下の子供の面倒見ていましたが、下の子供私の弟は障害を持って生まれました。そのことがどれほど母を絶望に今た悲しみに苦しみに追いやったかわかりません。昔の人は障害を持っているということに対して、それはそれは凄まじい変形がありました。それは空凄まじい差別がありました。
父は弟に対してとてもとても愛情をもって育てたと思います。そのことは本当にありがたいことでした。だけど東日本東北大震災があって父は弟と暮らすようになって、弟の手間を省くようになって弟はいま自分でご飯を食べません。
脇汗止める方法